愛媛県からの引越し見積もり|安くする方法

愛媛県から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、愛媛県から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

愛媛県から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

愛媛県から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
このページの下の方にある、各引越し先別のページからごらんください。

 

愛媛県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
愛媛県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
愛媛県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
愛媛県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、愛媛県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越し業者の料金なんですけれど、引越し業者もいろいろありますし。各社から見積もりをもらってそれを比較してから引越し屋さんを選ぶとよいと思います。極端な場合は料金が2倍以上差があったりしますよ。引越しの見積もりをすることで、安い引越し業者はどこなのか、サービスはどうなっているのか比較して一番良い業者を選ぶことができます。料金見積については、ふつうどこの業者でもそうしています。引越しの見積もりには引越し業者に連絡をして、見積もりに来てもらう日時を決めます。約束の日時に、担当者が訪問して、荷物の量などを見て見積もりをしてくれます。引越し料金の計算方法というのは、一般的には、どの引越し会社でも似たようなものでしょうけど、荷物全体の容積を計算するとともに、引越し作業はどこまでを業者が行うのかなどを確認します。さらには新居までの距離ですとか引越し先の搬入経路の確認など、などから、トラックの大きさや作業人員を見積もりして金額を計算します。見積をしてもらったら、それを比べて一番よい会社を選ぶのですが、3社くらいから見積もりをしてもらうことで、同じようなサービスであっても値段で判断して選ぶことになりますし、金額にそれほど差がなくても対応やサービスのよさを比べて選ぶことができますので、引越し見積もりは比較をして選ぶことで、値段もやすくてサービスの良い引越し会社がわかります。

 

■引越しの見積もり比較
引越し料金って業者によってけっこう違うんですよ。引越し見積もりを比べるポイントとして、そのあたりに違いがあるかということですが、まず、見積もりを比較する場合には、金額を比べるのはその他のサービスの面でも比較してみなければなりません。といいますのは、引越し会社各社から見積書をもらったら引越しプランが同じ場合でも、ダンボールがどれくらいつくのか、ハンガーボックスなどもあるのかとか梱包資材はどんなものを用意してくれるのかとかも引越しの見積もりを比べる際には必要なポイントだと思います。また、引越しのを依頼をするとお米とか、何かのプレゼントがあるとか、というキャンペーン中だったりとかタンスの中身は出さないでそのままでOKのこともありましし、タンスの中の衣類などは出しておかなければならないこともあります。引越しの見積もりをしてもらったら1社だけでなく複数に見積もりの依頼をして引越しの見積もりを比較してみるのがいいですね。いろいろな業者の見積もりを比べることで、どの引越し業者が金額的に安いのか、その引越し会社がサービス内容がよいのかが、比較検討することができます。そういうわけで、引越しの見積もりは1社だけではなくて、複数の業者を比べて一番良いところを選ぶのがお得です。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金は、何をもとにして決まってくるのかということなのですが、引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから料金を計算しています。最初に引越し料金の運送費ですが、運送費に含まれるのは基本的に運賃と作業料です。何トンとトラックを使用することが必要なのか、作業時間はどのくらいかかるのか荷物を運ぶ距離は何キロあるのかによって引越し料金の価格は違ってきます。使用するトラックが大きくなればなるほど引越し料金は増額になりますし、そして、トラックの台数が多くなるほど引越し料金は増額になりますし、また、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金の金額は高くなりますし、さらに人件費といいますのは、これは引越し業者の作業員のことで必要な作業員の数が多ければ多いほど引越し料金は高くなります。そのつぎは梱包費と交通費なのですけれど梱包費はダンボールをはじめとする梱包材料や梱包作業が含まれます。交通費というのは高速料金などですから使わなければかかりません。そして、保険料に関しましては業者によって有無を確認しておくといいと思います。荷物が破損したりなどがあった場合に、保険がかけられているかどうかは重要なポイントになります。引越し業者の料金は主にこれらの合算になっています。それそれの業者によって無料サービスになっている場合などもあり、何社かの引越し会社の見積もりを比べてから選ぶとよいです。

 

■引越しのオンライン見積もり
引越し業者への見積もりはインターネットを利用してもできます。インターネットでどうやって引越しの見積もりをするかといいますと、これは、住所や引越し先や荷物の量などを入力することで、簡単な入力作業一回だけで、同時に複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこの一括見積比較サイトの特徴です。何社もの引越し業者に一社一社見積もり依頼をするのは大変ですが、このシステムを利用すれば一度の作業で全部できてしまうので、最近は人気があり、利用者も年々多くなっているようです。しかしなたら、インターネットでの見積もりはかなりアバウトな料金しかわからないので、ちゃんとした見積書を出してもらうためには、実際に訪問してもらって荷物の容積や作業量を計算して見積もることになります。オンライン見積もりの便利なところは、自分で何回も引越し業者に見積もり依頼をしなくてもいいということで、複数の引越し業者を比較することができるということです。多くの引越し業者の見積もりを比べることで安くてサービスもよい引越し業者がわかりますから、最も条件のよい業者に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は会社によってかなり差がありますから、利用をする価値があるシステムではないでしょうか。

 

■引越し業者の種類
どんな引越し業者を選ぶのがよいのかということですが、引越し会社といっても色々な引越し会社があると思います。例えばテレビCMをやっているような大手の引越し業社だったり中堅の引越し業社もあると思います。また、赤帽のような軽貨物運送業者もあります。たくさんの会社が引越し業社にはありますがどの引越し会社を利用するのがよいのかは自分の引越しに合った業者を決めればいいと思います。例えば一人暮らしで荷物がすくない引越しで、レオパレスなどのような家具付きの引越し先に引越しをするという人もいると思います。そのような場合には引越し専門業者などに頼む必要もなく、宅配便でダンボールをいくつか送れば済んでしまうこともあるでしょう。同様に、単身赴任の引越しの場合には、大手の引越し業社の単身パックのようなものがありますからそちらを頼めばわりと簡単に単身の引越しができるのではないかと思います。そのように引越し会社は自分の引越しのスタイルや引越しの規模に合わせて選ぶとよいのではないでしょうか。また、引越し料金は業者によってかなり違いますので、数社から見積書を出してもらうようにして、料金について比べるとともに、ダンボールや梱包材料をくれるかなども確認して最もお得な引越し業者に依頼するのがよいですね。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者に引っ越しを依頼する場合には、自分の引越しがどんな内容かによって、引越し業者や依頼するサービスの選び方も違います。例えば、家族で引越しをする場合には、家族が多いということは、普通は、荷物も多くなりますので、当然、引越しの作業量も増えることになります。小さな子供などがいれば、また、大変です。一家そろっての引越しの場合は、その作業量というものを考えて、業者や依頼するサービスを選択する必要があります。赤ちゃんがいる家庭の場合であったり、お年寄りの方も一緒に引越す場合は、引越しの準備もなかなか大変ですし、仕事をしていれば職場の引越しの準備もありますし、引越しの準備を仕事の合間に行うわけですから思うように進まないのではないでしょうか。そのような場合には、おまかせコースとからくらくコースというような荷造り、梱包作業も引越し業者に任せてしまえるようなサービスのある引越し業者を選ぶようにすれば引越しをするのも安心なのではないでしょうか。また、単身赴任や一人暮らしの場合でしたら、荷物と言ってもそんなにないでしょうから、家族の引越しなどの場合と比較すれば、それほど大そうな引越しにはならないと思います。単身引っ越しパックのようなものを得意としている業者に頼めば、わりと料金も安いですし、めんどくさくなくて楽だと思います。大人数の引越しと違って、単身引っ越しはわりと簡単ですから、単身パックのようなものを使って、てっとり早く引越しも終わると思います。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングってみたことありますか?引越しってそんなに頻繁にするものではないですから、かなり参考にしてよい情報ではないでしょうか。ランキングで高く評価されているような引越し業者は、わりと安心して頼んでもよいのではないかと思います。このランキングというのは、いわゆる比較サイトというような、一括で見積もりできるようなサイトでランキングが掲載されています。例えば引越し業者のランキングでは価格の安いランキングですとか、受付の対応や訪問をした時の対応、引越しの作業をするスタッフの態度がよかったかとか、実際の作業の質に対する評価によって、それぞれ、総合、項目別にランキングされています。近々、引越しをする予定のある人にとっては、どの引越し業者がいいのかよくわからない、人もいるのではないでしょうか。そのような場合には、引越し業者のランキングをチェックしてみると信頼できる引越し業者がどこなのかがわかって便利だと思います。ランキングだけでなく、口コミや感想なども掲載されていて、実際に利用した人の意見ですから実際にどうなのかということがよくわかるので、とても参考になる情報ということができます。

 

■引越しの追加料金
引越業者に依頼する場合に追加料金は基本的には、発生することはありません。引っ越し作業の契約において取り決めした料金が全てなのです。なので、引越しの当日にまた、別途料金が必要になるということはないはずなのです。ですが、必要になる場合があるなら見積もり時に確認をした荷物の量や引越し先の前の道幅や搬入経路などが見積もりをした条件と違っていて、追加料金が必要になる場合があります。見積もりをした条件が違っていて引越しの荷物の量が多くてトラックに積めないといった場合には、もう一度往復したり、別のトラックを手配したりして引越しの作業が行われます。見積もりをしたときに正しく自分が伝えていなかったせいで、積み残しが当日発生してしまった場合では、追加で費用を請求されることになっても仕方ありません。また、予定された時刻になって、荷物を運ぼうとして荷造りができていなくて運べなかったために引越し業者がほとんど手伝ってしまった場合などでも追加の費用が必要になることもあります。追加料金の確認も見積もりの際には確認しておく必要もあります。引越しの当日にあわてないようにするためにも、予定外の費用が発生しないようにするためにも、できれば前日まで、荷造りなどの準備は終わらせておきましょう。

 

■単身引越し
自分ひとりで引越しをする場合は、単身引越しパックのようものが便利です。単身の人、学生の一人暮らしの人の場合には、家族の引越しとは、また違ったところに要望があります。単身の引越しの場合は、大きな家具や家電もないですし、荷物も自分の分だけですから、それほど多くならないでしょう。単身引っ越しの場合は、家族の引越しにあるようなダンボールなどの無料サービスや保険などは、まあ、あるに越したことはありませんが、それよりも引越し作業の代金をできるだけ、安くしてほしいと思っている人も多いのではないでしょうか。単身引っ越しの場合は、荷物の梱包なども簡単でいいことが多いですし、引越し先まで、荷物を運ぶトラックの助手席に一緒に乗って行ける、というサービスもあるので、そちらの方が便利ではないでしょうか。単身赴任などの場合には単身用の、学生の一人暮らしには学生の一人暮らしに適している引越しプランもありますので、そのプランで頼んだ方が、料金も安くなるのではないかと思いますし、無駄がなく引越しのスムーズに進むのではないでしょうか。単身引っ越しパックはいろいろな引越し業者で用意されていると思いますから一度比較してみて自分の引越しの場合、どれが一番良い内容か、最も自分にとって都合がいいサービス内容と料金のものを選ぶとよいです。家族の引越しを比較すると単身引越しの場合はたいていは、それほど費用も高くならずに済んでしまうでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
引越しのらくらくパックについて紹介したいと思います。引越し業者のらくらくパックとは頼める引越し業者も多くなっていますが、プランの名前やサービス内容は違いがあるかもしれませんね。例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックという名前ですけれども、日通の場合でしたら、ゆうゆうこんぽとか言っていたと思います。松本引越しセンターの場合はおまかせコースと呼ばれていたと思います。引越会社の作業員が荷物の梱包作業から荷物の搬出から搬入まで荷解きもすべておまかせでできてしまう引越しをすべてプロに任せてしまうパックになっている商品がこのらくらくパックです。引越の作業を全て業者に任せることができるとはいうものの荷造りをする前の荷物の仕分けなどに関しては、自分であらかじめしておく必要があります。引越しのらくらくパックの中で荷解きまでやってくれる引越会社の場合でも荷解きまでやってくれるとは言ってもそれ以上、全てやってくれるものでもありません。しかし普通の引越しのプランに比べると手間の分だけ料金は高くなりますが、プロに任せることができるので自分でする作業は格段に減るでしょう。子供やお年寄りがいる場合ではなかなか引越しの準備が大変ですから、多少は料金が高かったりしても、その分の価値はあると思います。

 

 

愛媛県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
愛媛県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
愛媛県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
愛媛県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、愛媛県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
引越し業者に頼まないで引越しをしようとする人も一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。自分で引越しをやってしまうことの、メリットとデメリットについてその辺も考えてから決めるのがよいかと思います。最初に、自分で引越しを行うことのメリットはやはり引越し屋さんに支払うお金が必要ありませんから、安く引越しができるということがあります。さらには、自分で引越しをしたほうが気分的に楽なこともあるかもしれません。引越し屋さんに頼むと、初対面の引越し業者のスタッフに、色々と指示をしたり自分の荷物を運んでもらわなければいけませんから、そういった部分で気楽でもない部分もあるものです。引越しを自分でやってしまえば、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、それなりに気楽に楽しく引越し作業ができるかもしれません。引越しを自分で行うといいことだけでなくよくないところもあります。引越しを自分で行う場合の困ったところは結局は、なんだかんだで、引越し業者に頼んだ方が安かったということもよくあるようです。例えば友達に手伝ってもらって食事をごちそうするなり何かでお礼はしますから、車もレンタカーなどで借りたりして、なんだかんだで引越し業者を頼んだ方が安かったのではないかということもあるようです。それ以外にも、家族や仲間内で引越しをやる場合には、専門のスタッフのように、プロが引越しを行うわけではありませんから、素人が引越しをするので、ケガをしてしまったりですとか、色々とも問題が出てくる可能性があります。そういうわけで、引越し業者を使わない方法はメリットもありますが逆に高くついてしまうこともありますから、十分検討して考えるといいでしょう。

 

■引越しの手順
引越しというとなんとなく大変そうですよね。やることがいろいろあってたいへんなのではありますが、なるべくスムーズに引越しを進めるためのコツというものがあります。まずはいつ引越しをするのか、それまでにどんな感じで段取りしていくのか計画がしっかり立てられていることがスムーズな引越しができるかどうかのカギになります。引越しの手順がきっちりと計画されていれば、安く、早く引越しもできますし、効率よく引越しを済ませることができるでしょう。なんといっても引越しをすることになったら、最初に引越し計画をきちんとつくってみましょう。引越しの日取りや引越し業者も手配しておかなければいけません。何時くらいから始めるかとか時間も決めておかなければなりません。引越しの計画をきちんとつくっておくことで引越しがスムーズに済ますことができるかどうかはかかっているのではないでしょうか。引越しの計画が立てられたらそれから、いきなり荷造りではなくて、その前に、必要な荷物と捨てるものを分けて、いらないものは処分する荷物を少なくする下準備が必要です。ある程度荷物を少なくできれば荷造りも少ない時間でできます。先に必要ないものは捨てておかないと、荷物の整理をしながら荷造りしなければいけないので荷造りの時間が長くなってしまいます。無駄な時間を使わずに荷造りを終わらせるには、ある程度のいらないものを整理することが大切です。それから、引越し当日は、荷物を運び出して、新居に搬入して引越しの後片付けというといった順に引越しの手順は進みます。その間にも、引っ越す前の近所への挨拶や引越し先でのあいさつなどなにかと忙しいのでしっかりと手順を計画しておきましょう。

 

■引越しの計画
引越しでは計画を立てるのが一番大切ということができます。この引越しの計画をきちんと立てておかないと引越しがスムーズに進みません。無駄な時間を使わずに引越しを行うためにも、あらかじめ引越しの計画をしっかりしょう。例えば、いつ引越しをするかですが、時期によっても変わってきます例えば月月は転職や入学、就職シーズンですから引越しする人が一番多いので、引越し業者の値段も高くなりますし、アルバイトの作業員が多かったり引越しが希望の日に行うことが出来ないことがあります。というわけで、引越しの予定はできるだけ早めに決めておいてできるだけ繁忙期はやめておくほうがいいかもしれません。また時間によっても違いがあります。引越しの時間というのは、時間帯が遅くなれば遅くなるほど安い金額になることがありますので、自分がいつ頃引越しを考えているのか遅い時間で見積もりをしてみるのもよいかもしれません。引越しの計画がある程度できたら、まずは引越し業者を数社選んで引越し料金の見積もりを依頼してみましょう。各社から見積が出そろって比較ができれば依頼する引越し業者も決まると思いますので、大まかな引越しの計画が立つと思います。引越しを依頼する会社と日が決まってしまえば引越しの計画もスムーズに進むのではないでしょうか。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物はできるだけ少なくしておくのがいいと思います。引越しというのは持ち物を整理する絶好のチャンスでもあります。それに、引越しの荷物を荷造りする前に、引越しの荷物のある程度の整理を先にしておくことで荷造り作業にかかる時間も少なくなります。例えば、洋服をまずは仕分しましょう。めったにしか着ないもう着ない洋服を処分することで引越しの荷造りはスムーズになります。そして引越しの準備をしながら不用品があった時には、不用品の処分方法についても考えましょう。例えばリサイクルショップにもって行くのか、大型ゴミとして処分してもらうのか、不用品の処分についても準備をしてておけば引越しの準備もスムーズに進むと思います。家電などの場合では、リサイクル法で業者に頼んでリサイクルに出してもらわなければいけないこともありますから、もって行く家電、使わない家電などの仕分もあらかじめやっておくとよいでしょう。引越しの荷造りに入る前に荷物の仕分をしておくと荷物の量を少なくしておくことができますので、少ない時間で荷造りの作業もできますし、引越しの予定が決まったら、なるべく早くから、荷物をある程度整理しておくといいと思います。

 

■引越しの荷造り
引越しの際にいかに荷造りを上手くやるかですが、引越しの荷造りの注意点としては梱包に注意しましょう。最近は梱包まで請け負う引越し業者もいますが、自分で引越しの梱包作業を行う場合には、色々な注意点がそれぞれのものによってありますから、少し紹介したいと思います。皿やグラスなどワレモノを梱包する場合に、引越し業者と一緒に行う場合には壊れやすいものは出来ればプロに任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包にはコツがありますから割れないような梱包をしてもらうことがプロなら知っていると思います。自分で食器の梱包をする場合では割れないように十分に注意して梱包をしましょう。引越しの荷物には自分で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも紛失してしまったら取り返しがつかなくなるような貴重品などは自分で持って行くべき荷物になります。例えば高い宝石や銀行の通帳や実印など現金やキャッシュカード、有価証券や権利書なども手持ちで引越し業者に頼まないほうが安心です。荷造りをする際には、何が梱包されているかわかるようにダンボールにマジックなどで書いておけば、新しい家のどの部屋に持っていく荷物か書いておくと、運び込んだ後で荷物を整理するのに便利です。

 

■引越しの当日
実際に引っ越しをする日になりますと、引越し会社の作業員の人がやってくれますが、こちらは、だまってみていればいいという訳ではありません。当然ですが、引越し業者の人に必要な指示をすることで、当日の作業もスムーズに進みます。特にば大きな家具などはあらかじめどこに置くのか配置図などをつくって伝えておくことで、スムーズに大型家具を設置してもらえて便利かもしれませんし、あるいは、配置図まではつくっておかなかったとしても、現場で配置を指示してあげれば引越しが効率よく進みます。引越しの当日は引越しがスムーズに進むように、前もって、当日の作業スケジュールや終了時間の確認、大きな荷物の搬入経路、運搬方法の確認などをしておけば、無駄な時間を使わず作業をできます。万一特殊な荷物を持っていく場合には、前もって引越し業者に確認をしてもし対応ができなかった場合には専門の業者を手配しておく必要がありますのでそちらも引越しをする前に手配しておく必要がありますね。引越しの当日は荷物を運んでしまえば終わりだと、思っている人もいるかもしれませんが、決してそうではなく引越しのその日も色々と引越し業者に指示を出したりといったように、引越し作業がはかどるように引越しをする側もスタッフのお手伝いもしなければいけないので色々と忙しいと思います。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しの準備や引越し当日に必要になるものには何があるでしょう。引越しの準備と言えば、やはり荷物の梱包からですが、まず一番に段ボール箱が思いつくかと思います。もちろん、ダンボールは引越しにはなくてはならないものですが、では、引越しに必要なダンボール箱というのはどのくらいかと言いますと、人家族の引越しで箱くらいは必要なのではないかと言われていますから、そのくらいで考えておいてよいのではないでしょうか。ダンボール箱は、最近ではだいたいの引越し業者が、見積もりの際に無料でサービスとしてもらえることもありますので、自分で用意するということはないかもしれません。ダンボール以外には、梱包材として、エアキャップやクッション材もあります。引越し業者でもくれるところが多いようですし、ワレモノはこのようなものを使って梱包しましょう。ワレモノの梱包には、その他にも、新聞紙も必要になります。新聞紙は引越しの梱包に色々と使えますからわりと多めに用意しておいた方がよいかと思います。その他にも、ガムテープやひもなども、必要ですが、これも引越し業者がくれるでしょう。また、荷造りにはハサミやカッターナイフですとか軍手も一応あったらいいですね。また、ダンボール箱など荷物に新しい住まいの、どの部屋に運ぶかわかるように書くためにマジックも一本もっておきましょう。

 

■引越しと防震
引越の際に、防震対策もしておくというのは合理的です。阪神大震災があってからは引越し業者さんでも引越しの際に防震グッズを設置してくれるオプションがあるところも多いようですね。地震対策などに色々なグッズの取扱が各引越し業者によってあるようですね。一例を挙げますと引越し先に家具を運び込んで配置したら家具を固定して倒れないようにするような家具の固定金具を取り付ける方法ですとか、家具を置く下や家具を積み重ねる間に振動を吸収するようなシートを敷いておくものもあります。家具の配置を全て済ましてからでは、そういったことをしようと思うと一苦労ですよね。引越の忙しいときに、そんなものを自分で準備するのも手間ですし、引越し業者に頼めば、荷物を配置するときに一緒にできますから合理的ですね。このようなサービスは、引越し業者によってプランや取扱のある地震対策グッズは違っていますし、そのオプションの料金にも差があると思います。各社のホームページなどを見てみると、対策の方法や使用する器具などの説明も載せられているはずですから、そちらを参考にして比較してみるといいと思います。ついでにできるチャンスなのですから地震対策をやっておくのはやっておいたら安心なのでよいですね。通常は引越し会社の方から地震対策を強く勧めてくるわけでもないので、内容を確認して、こちらから頼むのが一般的のようです。

 

■引越しの各種手続き
これから引越しをする場合、電話や電気、ガス、水道の各手続きについて忘れないように書いておきたいと思います。さて、引越し先が同じ局番区域以外なら、電話番号は変更になりますから、引越しが決まった時点でに電話をかけて電話の引越しの手続きを行っておくことが必要です。電力会社には、電力会社のホームページなどに引越し手続きの窓口が書いてあるので連絡して、引越しの手続きをしておきます。新しい住所の電力会社にも、同時に、連絡して、引っ越し後、すぐに電気が使えるようにしておかなければなりません。ガスの引越しの際の手続きは、電気と同様に、連絡をして、それぞれ解約と新規申し込みの手続きをします。また、引越し先のほうでは、事前にそこのガス会社の連絡窓口に電話をして手続きをして引越しの日に、担当作業員が来て、検査をしてからガスが使用できるようになります。引越しの場合の水道ので続きでは、引越しをする1週間くらい前には、電話をして、引越しの手続きをしておきます。そして引越し先にも同じく連絡をして手続きします。電話やライフラインの移転手続きはだいたいこんなものですが、こういったライフラインの手続きは、アパートや賃貸マンションの場合ですと、不動産業者のほうで手続きをする場合もあり、特に自分で連絡する必要がないということもありますので、また、新しく建てたばかりの家に引越す場合は、このほかの手続きが必要になることもありますので、不動産の契約やライフラインの手続きの際に個々に確認しておく必要があります。

 

■引越しの色々な手続き
引っ越しの際の手続きもいろいろあって忘れないようにしなければいけませんね。住民票の移転などの役所に届ける手続き以外にも、例えば、契約をしている新聞があったらその他にも、銀行などの住所変更をしておくこともその他にも、保険もあります。住所変更をしておかなければならないことがあります。保険と、言いましても、基本的には、生命保険や自動車保険と思いますが、他にも、いろいろ種類がありますから、それらの保険の引越しに関わる手続きをしなければいけません。また、引っ越しの際には、郵便物の転送手続きも必要ですね。郵便局に行って、転居届の用紙に記入して、ポストに入れておけば、旧住所宛の郵便物が送られてきた場合には、自動的に、一年間は、引越しした後の住所のほうに転送をしてくれるようになりますので、これは、必ずしておかなければいけませんね。携帯電話の契約も住所変更をしておく必要がありますし、インターネットの回線の工事は、季節によっては込みあいますので、早めに手続きすれば、引越しをしてからすぐにインターネットを利用することが出来ます。

 

■松山市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
松山市役所 〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)

 

【電力】
四国電力 松山支店 0120-410-452

 

【ガス】
四国ガス窓口 松山本社 TEL 089-945-1211

 

【水道】
ヴェオリア・ジェネッツ株式会社松山営業所 電話:089-915-0311
ヴェオリア・ジェネッツ株式会社松山営業所北条事務所 電話:089-911-7731

 

愛媛県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
愛媛県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
愛媛県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
愛媛県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、愛媛県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド